2010年06月11日

<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)

 11年度以降の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の在り方を検討する文部科学省の専門家会議(座長、梶田叡一・環太平洋大学長)の初会合が10日、開かれた。会議に示された検討項目は▽調査の目的▽対象教科や学年▽実施方式は今年行った抽出・希望利用方式か、全員参加方式か▽毎年実施するか、隔年または数年に1度に改めるか−−など。年内に基本方針を決める予定。

 委員からは、抽出方式では各校ごとの継続的な学力改善が十分行えないとして、「何年かに1回」「3、4年に1回」の全員参加方式を望む声が出た。また、現行の実施科目(国語、算数・数学)に、理科、社会、英語を加えるよう求める声も出た。同省は、全国の都道府県・市町村教委を対象にアンケートを行っており、集計がまとまり次第、会議に提出する。

【関連ニュース】
文科省:学力テスト「要改善」 行政事業レビュー
学力テスト:調査検討の専門家会議を発足 10日に初会合
全国学力テスト:4回目開始 今回から3割の抽出方式に
ファイル:全国学力テスト、専門家会議で在り方など検討へ
全国学力テスト:結果、市町村別に公開を 県情報審が教委に答申 /島根

夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)
民主代表選 菅氏配布文要旨(毎日新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
<銃刀法違反容疑>愛知学院大に侵入の元学生逮捕(毎日新聞)
千葉県警職員が車上荒らし被害 交通違反切符など盗まれる(産経新聞)
posted by ウラノ トシミ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。