2010年06月16日

【視点】新型インフル 国と自治体連携 備え再構築急げ(産経新聞)

 総括会議の報告書は、パンデミック(世界的大流行)における広報のあり方や国と現場の協力体制など、多くの課題を浮かび上がらせた。その一方で、国民の行動を大きく制限し、過剰とも批判された「水際対策」や「休校措置」については有効性への明確な言及はなかった。感染者の把握などの対応に人手が割かれ、対策を検証するためのデータ収集が十分に行われず、効果を数値として示せなかったためだ。

 効果の有無が分からない以上、再び国が同様の対策を取ったとしても、国民の理解は得られにくいだろう。

 しかし、強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1)が新型になった場合、水際対策などは感染の拡大を遅らせ、国民の生死を分ける重要な対策との意見も根強い。国は世界各国の知見を集め、引き続き対策の有効性を検証する必要がある。

 国の情報が自治体や医療機関などの現場にスムーズに伝わらなかったことで、無用な混乱を招いたとの指摘もある。国の発表が現場に伝えられる前に報道が先行し、現場では状況が分からないまま、市民からの問い合わせに対応せざるを得ない状況が発生した。

 提言にはワクチン生産体制の強化など時間のかかるものもあるが、国と自治体の連携など、すぐに取りかかれるものも多い。

 秋以降には新型の再流行が予想され、H5N1が新型化する懸念も残ったままだ。対策再構築に与えられた時間は少ない。(蕎麦谷里志)

知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
<蓮舫担当相>初会見 特別会計は「丁寧に見ていきたい」(毎日新聞)
医療機関の倒産、5月は5件−帝国データ(医療介護CBニュース)
posted by ウラノ トシミ at 10:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)

 11年度以降の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の在り方を検討する文部科学省の専門家会議(座長、梶田叡一・環太平洋大学長)の初会合が10日、開かれた。会議に示された検討項目は▽調査の目的▽対象教科や学年▽実施方式は今年行った抽出・希望利用方式か、全員参加方式か▽毎年実施するか、隔年または数年に1度に改めるか−−など。年内に基本方針を決める予定。

 委員からは、抽出方式では各校ごとの継続的な学力改善が十分行えないとして、「何年かに1回」「3、4年に1回」の全員参加方式を望む声が出た。また、現行の実施科目(国語、算数・数学)に、理科、社会、英語を加えるよう求める声も出た。同省は、全国の都道府県・市町村教委を対象にアンケートを行っており、集計がまとまり次第、会議に提出する。

【関連ニュース】
文科省:学力テスト「要改善」 行政事業レビュー
学力テスト:調査検討の専門家会議を発足 10日に初会合
全国学力テスト:4回目開始 今回から3割の抽出方式に
ファイル:全国学力テスト、専門家会議で在り方など検討へ
全国学力テスト:結果、市町村別に公開を 県情報審が教委に答申 /島根

夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)
民主代表選 菅氏配布文要旨(毎日新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
<銃刀法違反容疑>愛知学院大に侵入の元学生逮捕(毎日新聞)
千葉県警職員が車上荒らし被害 交通違反切符など盗まれる(産経新聞)
posted by ウラノ トシミ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<鳩山首相退陣>新首相「初仕事」は支持率回復 参院選結果、進退に直結(毎日新聞)

 新首相は就任から1カ月強で、7月11日投開票予定の参院選を迎える。「鳩山首相のまま突入すれば惨敗必至」との認識が党内に広がったことが鳩山降ろしの背景となっただけに、参院選での勝敗は新首相の進退にも直結する。

 敗北して野党が参院で多数を占めた場合、末期の自公政権が苦しんだ「ねじれ」状態が再現され、政権運営が難航するのは必至。さらに新首相が敗北後も居座れば、07年の参院選後の安倍晋三首相(当時)の続投を民主党が攻撃したように、「直近の民意に従うべきだ」との批判を浴びるのは確実だ。

 一方、50議席以上を確保したり、改選第1党となるなど一定の成果を挙げれば、「本格政権」となる可能性が出てくる。多数を握る衆院の任期満了(2013年夏)まで国政選挙を経ずに政権運営に専念できるためだ。

 このため、新首相の最初の仕事は支持率回復となる。しかし、選挙までの期間が短いため、組閣や党役員人事で清新さを演出する以外には手段を見いだしにくい。

【関連ニュース】
社説:鳩山首相退陣 民主党は猛省し出直せ
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
鳩山首相退陣:「幹事長にも身を引いてもらいたい」
鳩山首相退陣:挫折から光明を
発信箱:「鳩山辞任」の予言当たる=布施広(論説室)

マンション火災、1人死亡=13人重軽傷―札幌(時事通信)
混乱のツケ「不安」…政策また変わるの?(読売新聞)
<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
雑記帳 鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
石綿国賠訴訟で、1日に控訴=国敗訴判決を受け入れず―政府(時事通信)
posted by ウラノ トシミ at 13:32| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。